タワゴトライフ

徒然なるままに、日々パソにむかひて。

時間を巻き戻せるとしたら、振られたい。

 

2019年はもう始まってしまっているけれど、自分への教訓として、2018年にあったことを書こうと思う。

 

2018縁は就職活動の年だった。就職活動に始まり、就職活動に終わった。そしてその中で色々なことを経験した。目指していた業界のインターンシップに受かった、最終選考に残っている、同じ業界を目指す良き友達がたくさんできた。色々な出会いがあって、経験をさせてもらって、とっても成長した、と思う、というかそう願いたい。

 

多分わたしの就職活動は他の人から見たらだいぶ順調そうに見えるだろうし、わたし自身も聞いていたよりは楽だなと思っているけれど、でも、たくさん辛いこともあった。友人だと思っていた人たちがしていた噂話、悪口、先輩たちからの心無い言葉。行きたかったのに行けなかった企業だってもちろんある。

 

何よりも一番辛かったのは、その人との出会いだったと思う。その人とそういう関係を絶ってからもう半年が経って、新しい恋人もできたけれど、その人は、今もまだわたしの心に深い傷として残っている。

 

その人は、詳しいことは言えないような関係の人だった。詳しいことは言えないような関係の人と、詳しいことは言えないような関係になったと言えば、大体の人は想像がつくと思う。

 

今思えば本当に平和ボケしていたとしか言いようがない。大して可愛くもなければ大したテクニックも度胸もないような女がプレイボーイに遊ばれて捨てられた、それだけの話だ。

 

彼は輝いて見えた。賢くて、表面上は優しかった。あらゆる点で憧れだった。そういう人に言い寄られて舞い上がったわたしは、なんの覚悟もないまま、火遊びをした。

 

好きだとは言わなかった。最初は好きじゃなかったからそれでよかった。好きになった時にはもう遅かった。好きと言えないまま、なんとなくまずいと思ったわたしはずるずると引きずりながら、でも、着実に、身を引いた。そして関係は終わった。

 

賢い選択だと思った。無理な恋は諦める。人生損切りだって大事だ。リターンののぞめないところに投資をし続ければ確実に損をする。

 

でも今になって、車で連れて行ってもらったラーメン店とか、二人で行こうと行っていた小旅行のこととか、こっそりと学校で待ち合わせてタクシーに乗り込んだこととか、そういうことを思い出すと、思う。

 

身を引いたんじゃなくて、進めなかっただけだ。

 

関係を断ち切るなら「好きになってしまったからもうこれ以上関係を続けられない」と素直に言えばよかった。それを言えなかったのは、本当に本当にみみっちくてどうしようもないような自分のプライドと羞恥心のせいだった。

 

だから、もし時間を巻き戻すことができたら、わたしは振られたい。

 

友達に紹介しようとしてくれてたとか言って、そこにあったかもしれない愛にすがりつくようなことをして、新しい恋人への罪悪感と戦うくらいなら、その方がよっぽど良い。わたしは振られたんだ、そこに愛はなかった、そういう現実を見て、前に進みたい。

 

でもわたしたちは、時間を巻き戻すことなんてできないし、男女の関係を立て直すことがどれだけ難しいかだって、知っている。自分だって、かつて愛があったかもしれないから、今もあるかもしれないんなんて、そんなことは思っていない。独りよがりで賞味期限切れの愛なんて、ただの執着心だ。だからこれをそっと胸の奥に閉まって、新しく好きになった人と幸せになろうと思っている。

 

そして、次に好きになった人には、必ず、好きって伝えようと思う。

 

さて、この記事を読んでくれた人がいるのかどうかはわからないけれど、もし誰かが読んでくれていて、しかもその中に、今同じような辛い恋愛をしている人がいたら、思いを伝えてほしい。愛が執着心としか言えなくなって、漬物石のように自分の心にのしかかってしまう前に、伝えてほしい。

 

以上、痛々しい恋愛依存症からのお言葉でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コドモだからオトナになりたい

深夜にドライブに行くような懐かしの夢は見れなかったけれど、代わりに、素敵な人と素敵な夜を過ごすことができたので、感じたことを記しておきたいと思った。

 

素敵な人、と言うとなんだか怪しい関係に聞こえるけど、わたしたちは決してそんな関係じゃない。サラリーマンと女子大生。やっぱり怪しく聞こえる。でも彼は素敵サラリーマンなので、わたしのようなどこにでも転がっている容姿△の女になんて、何も思わないのです。

 

ともかく、わたしはまだまだコドモで、10個上の彼はもちろんオトナで、でも、わたしと同年代の人の中にもオトナな人はたくさんいて、逆に10個以上年上な人たちにも(僭越ながら)コドモだなあと思うことはあって、何がそんなに違うんだろうと思った。何がそんなにガキっぽくて、何かもどかしいような遣る瀬無い気持ちにさせるんだろう、と。

 

素敵サラリーマンと話していると、彼は本当に自然体で、それはもしかしたらわたしが肩肘張らなくても全然大丈夫なただの小娘だからかもしれないけど、少なくとも気取ったようなそぶりは全く見せないのがわかる。わたしたち大学生のように、がむしゃらに自分をかっこよく見せようと取り繕ったりしない。彼には余裕があって、そこがかっこいい。

 

じゃあなんでそんな余裕があるんだろうって考えると、それはやっぱり、人生の楽しみ方を知ってるからかなって思う。お金があるからとか、顔が整ってるからとか、そういうのは置いておいて、とにかく、自分が何をしたら人生は楽しくなって、人を楽しませることができて…そういうのがわかっている人は本当に強い。

 

だから、わたしもこんな人になりたいと思った。素敵キャリアガール。自分を取り繕ったりしないで、自然体なままで、さらっと生きているように見えて、自分の人生を楽しくすることには貪欲でありたい。それでもって、一人でも独りではないような。

 

また彼と一緒にお酒を飲む機会があるかはわからないけれど、思い出したらおもわず顔がほころんでしまうような夜を、わたしも誰かに提供できるようになりたいと思った。

 

仏光寺の桜が散って、木屋町が緑に溢れる季節がきても、きっとわたしはあの夜を懐かしむ。

ひとりごと

 

ひとりごと。最高にどうでもいい。

今現在この世で生産されているモノの中で、多分一番くだらなくて、どうでもいい。でも、居ても立っても居られないから、こういうところに書き起こしておきたいなと思った。

 

 

今日、先輩方が卒業された。

 

たくさん遊んでくれた人、話を聞いてくれた人、憧れだった人、先輩方はみんなキラキラ輝いていた。晴れ着が眩しかった。やっぱり今日も先輩方は先輩方だった。

 

去年の卒業式の日、わたしは東京にいたけれど、こういう日が来ることを覚悟した。だから、今までありがとうございました、お世話になりました、っていう準備はできていた。何回も「東京帰った時は遊んでくださいね!先輩たち大好き!」って言った。

 

卒業式が終わって、帰ってきて、いざ夕飯を食べるぞという段になって、ご飯が喉を通らないことに気づいた。

 

ショックだった。先輩方がいつか卒業されて離れて行く日が来ることくらいわかってたはずなのに、いざ、一人でご飯を食べると、月曜日は決まってみんなで遅くまでゲームをしてたこととか、わたしの気が滅入っていた時期にドライブに連れて行ってくれたこととか、そういうことを思い出してしまって、ダメだった。

 

今日と同じ明日がこない、それがたまらなく辛かった。

 

夜遅くになって突然来るラインの通知、「今ひま?」ってディスプレイに表示されて、「ひまですよ〜」って返すと、「ドライブいこや」とか返って来るあの感じ。朝方に六甲山やらわけのわからないファミレスやらに行って、ひとしきり騒いで、やっぱり翌日授業には出られなくて、そういうのが最高に楽しかった。

 

思い返せば、わたしにはちゃんとした先輩というものを持ったことがなかったから、ものすごく新鮮だったんだなと思う。中学時代の部活は人間関係が泥沼化、高校時代はろくに部活に行かなかった。大学で入ったサークルでもそういうトラウマからかなんとなく距離があって、進級した時にさっさと逃げてしまった。だから初めてできた先輩が、ゼミの先輩だった。

 

感謝なんてしてもしきれない。こんな未熟なわたしと遊んでくれる人がいて、こんなダメダメなわたしの話を真剣に聞いてくれる人がいて、わたしは本当に幸せだった。人生で初めて、ここがわたしの居場所だと思えた時間だった。人間関係の構築が凄まじく下手くそだから、きっと失礼なことも言っただろうし、うざいと感じられることも、一歩引いてると取られることもあったと思う。でも先輩方は優しかった。そんなわたしのことをなんだかんだ許してくれて、こうあるべきっていうのを、言葉にしなくても伝えてくれる人たちだった。と思う。

 

正直寂しい。卒業なんてして欲しくなかった。ずっとこのまま甘えていたかった。本当に大好きなかっこいい先輩方だった。つらいって言ったらどうした!って言ってくれる先輩方にもう少しいて欲しかった。本当は卒業なんて全然祝えていなかった。でも「行かないで」なんて言えないから、テンプレートみたいに「先輩大好きです!」って言うことしかできなかった。

 

そんなことを言っていても仕方がないし、今度はわたしが先輩方みたいに振る舞えるように頑張ろうと思う。組織は代謝しないといけない。いつか先輩方がわたしたちのところに顔を出してくれた時、胸を張ってお帰りなさいと言えるようにしておきたい。頑張ろう。後輩たちに同じように思ってもらえるようにも、頑張ろう。

 

でも、今日だけは、楽しかった思い出をぎゅっと濃縮したような夢が見たいな。今晩は、みんなで高速をかっ飛ばして、真面目な話もふざけた話もごたまぜになって、わけのわからない遠いところまで行ってクタクタになって帰ってきたい。

 

そうしたら、わたしも社会に飛び立っていく先輩方の背中を押せる気がする。

#0 キカイズムです

 

こんばんは、考える女子大生・キカイズムです。

 

 

京都市内のスターバックスでここぞとばかりにピンク色のマックブックを開いている猫背で猫目の女子大生がいたら、それは八割型キカイズムだと言われています。

 

だいたいの場合マックブックはポーズだから画面は真っ黒。エンターキーを押すともれなくロック画面が表示されます。誰か、 正しいマックブックの使い方を教えて。

 

 

さて、このブログは、私がひとりでぐるぐる考えていることに、なんらかのコメントをもらうために作ったものです。

 

なんかね、真面目なことからくだらないことまで、色々考えることが好きなんだけど、やっぱ自分ひとりで考えてるとすごい偏っちゃうのよね。

 

それこそわたしは超ネガティヴ卑屈人間だから、思考がどんどん負の方向に突き進んじゃうわけです。そういう時に、ちょっとそれは違うんじゃない、とか、自分ならこう思うけどな〜、みたいな意見をもらえたら、脳みそに新しい風が吹き込まれるかなと思って。

 

さらには、みんながわたしのブログを見て何かを考えてくれるような、ちょっとしたプラットフォーム的なところになったら面白いなと思っています。…高望み!

 

そういうわけで、少しでも何か思ったことがあったらコメントをくれるとありがたいです!すごく喜んで、大学生協のシュークリームくらいなら買ってあげてしまうかも。

 

では、また次の記事で。

シーユースーン!

 

 

キカイズム