タワゴトライフ

徒然なるままに、日々パソにむかひて。

#1 自分のしたいことを考える

 

夜遅くの雨降る京都から、こんばんは。

 

早く寝なければと思いながら、暇な人で集まってそれぞれ仕事や勉強をしたりダラダラしたりして、そして帰ってきてやることを済ませたらこんな時間に!

 

まだまだ朝型人間には程遠いキカイズムです。

 

 

最近身の回りで大きな変化があって、自分が本当にしたいことってなんだろう?って考える機会になったので、書き留めておこうと思ってピンクマックを叩いてます。

 

 

 

 

結論から言うと、わたしはやっぱり海外と食べることが好きで、それを日本と繋げたい。

 

なんでこんなに血が騒ぐ感じがするのかわかんないけど、わたしは特にニューヨークが好きで、ニューヨークのことを考えるとすごくわくわくして、ああ頑張ろう、って思うんだよね。

 

 

 

ニューヨーク、特にマンハッタンってやっぱり文化の発信地で、本当に色々なものがあって、本当にわくわくする場所なのよ。それはアメリカの歴史的な部分であったりとか、色々なことが関係していると思うんだけど。

 

マンハッタンには文化的に最先端のものがたくさんある。日本にも結構たくさん輸入されてる。シェイクシャックも、ウルフギャングステーキハウスも、サラベスも、発祥はニューヨーク。ニューヨークから生まれたものももちろんだけど、アメリカの他の都市や海外で生まれたものがニューヨークで流行って、日本に入って来たものも多い。ブルーボトルコーヒーとか、イスラエルからはマックスブレナーとか。

 

まだまだ日本にはないものが向こうにはたくさんある。わたしは世界の均一化に批判的ではないし、逆に、まだまだニューヨークの日本食は結構ひどいから輸出もしたい。

 

ニューヨークだけじゃなくて、これから世界の色々な都市に行って、色々なものをみて、食べて、これ良いなあ!ってものを日本に持ち帰りたい。日本でなんでも食えるって最高ジャン…

 

こんな仕事が流行るのかは正直わからないし、これからの時代に合ってるのかもわからない。けれど、わたしは海外と食っていうのがすごく好きだし、必ずどこかで流行のレストランやカフェって生まれると思うから、そんな仕事につけたら最高だな〜って思った。なかったら作るしかないな…

 

そういうわけで、英語の勉強頑張ります。留学するならゼミ最後までやりたいし四回の夏出国とかになって、五カ年計画だけど、それでも良いかなとか思う今日この頃でした。あくまで五カ年になるのはゼミのため、ゼミがやりたいからです!

 

卒業は、急がず焦らず。

 

急な生活の変化に耐えられないのかキーボードを叩く手が痺れて来たので今日はこの辺で!

 

おやすみなさい。